FiiOがK3 DACを発表:ポケットサイズの電源の柔軟性

FiiO K3 DAC-ヘッドフォンアンプ

シンガポール、@ mcgallen#microwire情報、23年2019月3日— FiioはKXNUMXを発表しました。ポケットサイズのヘッドフォンアンプとUSB-C DACで、小さなパッケージで音楽を高音質にアップグレードします。


FiiOがK3 DACを発表:ポケットサイズの電源の柔軟性

  • 2 USBオーディオモード
  • 最大384kHz / 32ビットPCMおよびネイティブDSD256のデコードが可能
  • デュアルヘッドフォンおよびデジタルオーディオ出力

主な特徴
可能なデコードでサウンドをブースト
XMOS USBレシーバーチップを搭載したFiiO K3は、最大384kHz / 32ビットPCMとネイティブDSD256をデコードできます。 K3のデュアルクリスタルオシレーターは、DACに供給されているデジタルオーディオ信号を確実に補正して、音質をさらに向上させます。

最大限の可能性のために高度に最適化されたアーキテクチャ

K3の十分に考慮された内部設計は、調和して完璧に連携する4452つの主要なレイヤーで構成されています。 デジタル処理は、32ビットVELVET SOUNDテクノロジーと真のバランス出力のための完全差動出力を備えた高性能AKM AKXNUMXによって実行され、アナログ信号は、LPF /電圧増幅と電流駆動回路で構成される設計によって処理および増幅されます。

低歪みオペアンプでノイズを除去 
実績のあるOPA926と低歪み、低ノイズ、高出力スイング、およびローパスフィルター(LPF)として機能するプロフェッショナルグレードのTI OPA1612の組み合わせにより、FiiO K3は高解像度のサウンドを簡単に提供し、ポンプアウトしますバランス出力から320Ωで16mW。

信頼性が高く安定した接続
K3は、より信頼性が高く安定した接続のために、最新のUSB Type-C入力インターフェイスを採用しています。 過電圧保護(OVP)とダブルフィルター回路を実装して電源の安定性を確保し、デジタルおよびアナログオーディオ回路はそれぞれ独自の電源を取得してクロストークを大幅に低減します。

ADCボリュームコントロールでチャネルの不均衡を解消
K3にはADCボリュームコントロールが実装されており、チャネルボリュームを効果的に排除します。 ADCカーブの再構築により、正確で細かい程度で音量をスムーズに調整できるため、K3をさまざまなリスニングニーズに対応するあらゆる種類の感度のヘッドフォンとペアリングできます。

エクスペリエンスを向上させるゲインとベースのスイッチ
高ゲインと低ゲインのスイッチにより、さまざまな周囲環境でK3をさまざまなヘッドフォンで使用できるようになります。 ハードウェアベースブーストスイッチは、低周波数のダイナミックレンジを拡張し、曲、ゲーム、映画を本当に生き生きとさせるための特別なパンチを提供します。

小さいながらも完璧に見る
オールアルミニウムのブラックボディは、C3加工、陽極酸化処理、サンドブラスト処理が施されており、K3は頑丈でありながら手触りの良い完璧なテクスチャーを備えています。 小さなKXNUMXは持ち運びが簡単で、手に持ったり、財布に入れたり、ジーンズのポケットに入れたりできます。

はっきりとまとまりのある触覚視聴覚体験

ボリュームノブは、45度のノッチが表面にエッチングされ、簡単に3本の指で操作できるようにサイズが調整されており、K3のボディのカーブと完全に調和するように設計されています。 ボリュームつまみの隣にはRGBライトがあり、KXNUMXを介してリレーされているデジタルオーディオの種類を視覚的に示します。

多くの状況に対応するXNUMXつのモード
USBオーディオクラス1とクラス2は、スイッチを押すだけで交換できます。 高性能アプリケーションでは、2.0モードを使用して、最大384kHz / DSD 256のデコードを楽しむことができます。 特定の状況では、1.0モードを使用して、ドライバーを必要とせずに最大96kHz / 24ビットPCMオーディオを楽しむことができます。

デュアルヘッドフォンジャック
K3は屋内のデスクトップでの使用に最適化されており、3.5mmシングルエンドと2.5mmのバランス型ヘッドフォンジャックの両方を備えています。 どちらの出力にもオーディオジャック検出機能があります。つまり、ヘッドフォンをバランスアウトに挿入すると、バランスブーストが自動的に開始され、シングルエンドアウトと比較して出力電力が約50%増加します。

ライン出力コネクター
3.5mmラインアウトは、OPA1612オペアンプによって直接駆動され、音質の低下を最小限に抑えます。 ライン出力も最大2Vrmsの最大出力で調整可能で、さまざまなアクティブスピーカーや外部アンプとの互換性を確保します。

同軸および光デジタル出力

K3のXMOS USBレシーバーチップは、USBオーディオ入力を同軸および光コネクター経由で出力されるデジタル信号に直接変換し、スピーカーシステム、アンプ、または他の外部デコーダーへの接続を可能にします。

【仕様】
USB:タイプC
USBオーディオクラス:UAC1.0 + UAC2.0
ボリュームつまみ:ADC
ゲイン:L / H
バスブースト:0 / + 6dB
ラインアウト:3.5mm
ヘッドフォン出力1:3.5mm
ヘッドフォン出力2:2.5mm
同軸出力:192 kHzのRCA、DSD64 DOPをサポート
オプティカルアウト:最大96kHz
USBチップ:XMOS XUF208
USBドライバー:ASIO / KS / DS / WASAPI / DSD DOP(ネイティブ)
オーディオDAC:AKM AK4452
LPFオペアンプ:TI OPA1612
ドライバーOP AMP:OPA926×2
出力電力1(3.5mmヘッドフォン出力):220mW(16Ω)/ 120mW(32Ω)
出力電力2(2.5mm TRRSバランスヘッドフォン出力):320mW(16Ω)/ 200mW(32Ω)
ラインレベル:1.9Vrms
DAC:384 kHz / 32ビット
DSD:DSD256
SNR:≥113dB
THD + N:≤0.004%
周波数特性:20Hz-80kHz
RGBインジケーター:サンプルレート≤48kHz–青/サンプルレート> 48kHz –黄/ DSDフォーマット–緑
寸法:70×58×22mm

価格と出荷時期
FiiO K3は、AV One、Connect IT、ステレオエレクトロニクス、E189 Personal Audio、Treoo.comなどの正規販売店で、推奨小売価格(RRP)S $ 1(GSTを含む)で入手できます。

FiiO K3 DAC-ヘッドフォンアンプ
FiiO K3 DAC –ヘッドフォンアンプ

FiiO Electronics Technology Co.、Ltd.について
FiiOは2007年に設立され、さまざまな種類の無数のポータブル音楽製品の研究と開発の経験があり、世界中の販売代理店を通じてFiiOブランドの製品を販売しています。 ブランド名FiiOは、Fi(HiFiからの忠実度)とiO(ナンバー1&0)で構成されており、デジタルがもたらすリアルなフィーリングと便利な生活を表しています。 FiiOは製品の品​​質に重点を置いており、品質管理においてISO9001規格に厳密に準拠し、修理関連の製品返品率を最低にするために努力しています。 FiiOはユーザーのニーズを非常に重視し、製品の設計と製造において絶え間なく完璧を追求し、ユーザーに最高のオーディオ製品を最高の価格で提供します。 FiiO製品は、iFデザイン賞、Reddot賞、EISA賞、VGP賞などの賞を受賞しています。

###