ポストする

本質的に回転式または音波式の電動歯ブラシのファンにとって、薬局や店舗には現在ますます多くの選択肢があります。 Colgate ProClinical150電動歯ブラシについて簡単に説明します。

私の最初の電動歯ブラシは、単三電池式のオーラルB(ブラウン製)でした。 フォームファクターは分厚いもので、通常の歯ブラシとはまったく異なります。 しかし、補助歯のクリーニングの紹介として、ブラウン/オーラルB電動歯ブラシは天の恵みでした。 そして、次の電動歯ブラシは当然、再びオーラルBでしたが、通常の歯ブラシにはるかに近いスリムなフォームファクターを持ち、代わりにAAAセルを搭載した小さなCrossActionのものでした。

それから定期的に日本に旅行して、私は日本の電動歯ブラシのオプションを探していました。 典型的な日本の電動歯ブラシは、通常、回転式ではなく音波式で、代わりに高速振動を使用していました。 私が最初に購入したのはシステマでした。 その後、より高速なソニックモデルであるLionからSystemaBlackにアップグレードしました。

最近では、Colgate ProClinical 150を採用しました。ProClinical150は、Systemaシリーズよりもかさばりますが、OralBクラシックよりもスリムです。 ProClinical 150は軽量で、毎分20,000ストロークの高速音波振動を備えています。 いつでも、Oral B、Oral B CrossAction、SystemaBlackよりもクリーニングの方がはるかに優れていると思います。 2分後に自動的に電源を切る2分のタイマーもあります。 これまでの私の日常の使用では、2分ですべての歯をきれいにし、次にいくつかの歯をきれいにするのに十分だと思います。

Oral Bと比較したProClinicalの注意点は、その構造です。ProClinical150は、デザインが少し薄っぺらな感じがします。 ProClinicalの電源スイッチは、ブラシハンドル上のより遠い位置ではなく、使用を容易にするために中央に近い必要があるように感じます。 しかしそれ以外は、苦情はありません。